お仕事の内容を教えてください?

 日々の看護業務を行ないながら看護主任として看護課長の補佐を行なっています。老人介護保健施設での看護師の役割について日々協議しながら、スタッフが安心して業務に入れるよう業務改善に努めています。

看護師を目指したきっかけはなんでしたか?

 人のために役立つ人材として働きたいという思いがあった中で、お年寄りが好きで介護の仕事がしたかったので、翔寿苑開設当時には新卒で介護福祉士として入職しました。出産の時に一度、退職をしましたが、出産後に非常勤として勤務し、仕事と子育ての両立が出来る事を確信し、常勤となりました。また看護師の資格があれば、利用者様へよりよいケアが行えるとの思いから、看護学校に進学しました。看護学生から卒業後は草加松原整形外科医院で働きながら勉学に励み、翔寿苑に戻ってからは看護師として働いています。

長く続けていられる理由はなんでしょうか?

 人間関係は、とてもよい職場だと思います。子育て世代が多く、急な勤務変更も、よくある話ですが皆お互い様精神で快く対応して下さるので助かります。日々のコミュニケーションも本音で言い合えるからこそ、信頼関係が築けていると思っています。スキルアップの点では、各種積極的に参加できる内部・外部研修がありますし、新たな資格取得にチャレンジすることも可能だと思います。シフトについては、状況に合わせて調整することが可能なので働きやすい職場だと思います。

やりがいはなんでしょうか?

 翔寿苑では、多職種の連携が、よくとれています。介護課・看護課だけでは解決が困難な事柄も多職種カンファレンスを通して、前向きな方向へ解決していきます。

 業務については「〇〇してみては?」と意見が出ると、まずは、やってみよう!から始まり、問題点があれば、どうしたらできるか?について、皆で協議を行ない、次に活かしていくことができます。

 利用者様ひとりひとりに対し、相手の立場になって考え、寄り添い、日々のケアや関りを通して本音で話して下さったり、とっておきの笑顔を見れた時、この職種について良かったなぁと心にしみます。

 

翔寿苑を一言で表すと、どんな職場でしょうか?

人間関係が良い。成長しあえる仲間がいる。働きやすい環境が整っています。

岡崎さん(介護福祉士)

入職して何年目でしょうか?

20年目です。

仕事を教えてください。

利用者様が生活する上で必要なことを、状態に合わせて足りないところを介助しています。
その方の今後について、他部署と話あったり、ケアプランを立てて先の見通しを立てながら、その人に合わせた介助をしています。

介護を選ばれた理由を教えてください。

昔から人のお世話をすることに関心がありました。
仕事について考えた時に、祖父母と住んでいたこともあり、お年寄りと接する機会も多かったので、介護の仕事を選びました。

長く働けている理由はございますか?

周りの職員との関係性が居心地よかったのかなと思います。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

「ありがとう」という言葉が利用者様から返ってきたときでしょうか。お礼を言われたくてやっているわけではないのですが、その方のためにと考えて行った事が実際その人のためになったということがあると、やっていて良かったと思います。
また、利用者様への声のかけ方を工夫することで、利用者様が『やってほしい』から『やってみようかな』と思って、実際にがんばって『やれた』ときには一緒に喜ぶことができて、やりがいを感じます。

どんなときに成長を感じられますか?

利用者様の中でも自分からやって欲しいといえない方もいらっしゃいます。それに気づいて、困っていることを見て取れたときに自分が声をかけたり、介入したことで利用者様のためになったときでしょうか。普段との違いから、気づいてあげることができたときは成長を感じられます。

翔寿苑を一言で表すとどんな施設でしょうか?

昔からのやり方が残っていますが、それだけでは駄目だと現在進行形で、変化をしていこうとしている施設です。

鈴木さん(介護福祉士)

 

仕事を教えてください。

日々の介護業務に加え、業務統一と業務改善を行っています。

勤められて何年でしょうか?

新卒で入職して18年です。

こちらの施設を選んだのはなぜでしょうか?

学校の求人を見て、自宅から近いところで探したのがきっかけでした。
他の施設もみましたが、受付けの対応を見て翔寿苑に決めました。

なぜ介護福祉士を選ばれたのでしょうか?

もともと保育士になりたかったのですが、学生時にボランティア活動をした時に介護士の仕事に触れたことがきっかけです。
祖父母が近くにいたことも大きかったと思います。

 長く働かれている理由はありますか?

利用者さんが良い方ばかりだし、職場の人間関係がとてもよいです。
新しい方が入ってきたときも、仲間意識をもって声をかけています。
長く勤めていると、辞めたいと思ったり、ずるずるとっていう時期もありましたが、役職者としてのやりがいにも気づいたりして、今は充実して働いています。

こちらで働いている方はどんな方が働いていますか?

非常勤の方や、育児休暇が終わって復職される方、小さいお子さんがいながらも働くときに働きやすいところだと思います。配慮しつつみんなでやっていこうと思っています。

職場の風通しはいかがでしょうか?

考えていることをしっかり話しを聞いてくれる上司がいるので、イレギュラーな対応も出来るような環境にはなってきていると思います。

やりがいはどんなことでしょうか?

利用者様の日々の笑顔ですね。
今は在宅復帰にも取り組んでいるので、元気になっておうちに帰って在宅で過ごせるのを見たり、体感したりするとやりがいを感じます。
自分たちが行っていたことが日々の生活に生かせるようになったのを見たとき、やっててよかったと思います。 

学びの機会はありますか?

施設内の内部研修があります。
研修にも数ヶ月に一度参加しています。

一言で、翔寿苑をあらわすとどのような施設でしょうか?

人間関係のいい施設です。

岩間さん(理学療法士)

 

 

仕事の内容を教えてください。

現場では、入所されている利用者様の個別リハビリと、通所の利用者様のリハビリをしています。
役職者としては、職員の管理と、リハビリ課としての業績の管理を行っています。

入職してどのくらいでしょうか?

12年目の社員です。
その前に、他の病院で5年間務めていました。

理学療法士を目指した理由はなんでしたでしょうか?

もともと25歳まで一般の会社で勤めていましたが、自分を振り返ったときに姉の影響もあり、この仕事を知り目指しました。

この施設を選んだ決め手はなんでしょうか?

実家がそばなんです。実家の近くで探していました。
また、高齢者の維持期をさがしていたため、こちらを選びました。

以前と比べての変化はどのようなことでしょうか。

理念などが出来て、すごくメリハリが出てきたと思います。

具体的にはどのようなことでしょうか?

組織化されて、責任の所在などが明確になってきたと思います。

さらによい職場となるには何が必要だと思いますか?

職員一人一人の意識改革が必要だと思います。

具体的には?

専門職としての意識改革が必要だと思います。

たとえば、オムツ交換ひとつでも、「免許があるからオムツ交換がしっかりできる」という意識改革が必要だと思います。

ここで働いていることで成長を実感できていることはありますか?

役職がついてリーダーとはどういうことかを学べています。役職者としての立ち居振る舞いで、自分から学べるようになったことでしょうか。

仕事のやりがいはどのような部分でしょうか?

長く診れるということでしょうか。病院とは違い、入居者様が亡くなるまで長く診れるということでしょうか。
利用者さんが出来る事のレベルがアップしたことがとても嬉しく感じます。

施設の雰囲気はいかがでしょうか?

友人感覚ではない、話やすさの環境造りは出来ていると思います。社会人として友達言葉では話はしませんが、相談しやすい環境を造っています。

廣岡さん(介護士)

 

具体的な仕事を教えてくださいしていますか?

デイサービス青柳の管理をしています。事務的なことから、現場の支持出しまで管理職として仕事をしています。
また通所の送迎バスには乗れるときには乗って、ドライバーの確認等もしています。

入社されて何年目ですか?

17年目になります。前職は自営業をしていました。

入職された決め手はどういったものですか?

義理の父からの紹介でした。これからの仕事ということを聞いて入職しました。
入職してすぐは、ヘルパーステーションに所属して、通院の送り迎えを行っていました。デイケアの仕事も兼務して行っていました。

17年という長い期間仕事を続けていける理由はなんでしょうか?

前職はクレーム対応業のような仕事でしたが、この仕事は「ありがとう」と感謝される仕事で、皆さんに喜んでいただける仕事ということが性に合ったのだと思います。
自分たちが笑顔で一生懸命対応していると、「いつもありがとう」と笑顔で感謝される仕事なので、やりがいを感じて続けています。

 どんなときに「ありがとう」と言ってもらえるのでしょうか?

入浴時やちょっとしたときに手を添えてあげたときに言ってもらえます。仲良くなってくると、迎えにいったり、送っただけでも「ありがとう。ありがとう」と言ってくれ、感謝してもらえたりします。

すごくいい雰囲気なんですね。

通所系は離職率が低いんですよ。「ベテランの方も多く、みんな優しくて、あったかい雰囲気のいい職場だよ」と周囲にも勧められる職場だと思っています。
今は青柳の通所でも同じような雰囲気にしていくことを目指しています。

 仕事をする中で成長を感じる事のできることはありますか?

今は管理職として個々人を成長できる環境をつくる事ばかりを考えています。その環境を考える中で自分に何が必要かを考えるようになり、マネジメント能力の面で成長できているなと思います。

川村さん(看護師)

 

お仕事の内容を教えてください?

現場の看護師としては、入所者様の健康管理、服薬管理、排便コントロール、褥療処置、胃ろうの方の管理や、介護業務にも看護師として参加しています。和気アイアイと仕事をしています。

課長として、みんなが働きやすい職場作りと、2階と3階のフロアの看護師業務の統一を行い、フロアを行き来しても働きやすい環境を作っています。また、皆さん様々な悩みやストレスを抱えているので、顔を合わせたら話かけて少しでも働きやすい雰囲気を造れるようにしています。

いつ入職されたのでしょうか?

元々本院(草加松原整形外科)で仕事をしながら看護学校に通って、看護師になりました。こちらには開設当時から仕事をしています。

看護師を目指したきっかけはなんでしたか?

中学校のときに父を脳出血で亡くしていて、働きながら資格を取れる仕事だったことがあって、看護師を目指しました。

長く続けていられる理由はなんでしょうか?

とにかく人間関係のよい職場なんです。介護士さんとも仲良くしていますし、
看護間でも同じ年齢の子どもを持つような方も居て、プライベートでもお付き合いしたりしています。
課長になってからはみなのためにと考えられるようになって、充実しています。

 

人間関係が良い理由は何でしょうか?

一緒に働いていて嫌じゃないんです(笑)
他職種同士でも、何でも言い合える環境や関係があるんです。
介護士さんからも看護師さんにこうして欲しいということを言い合える環境があることではないでしょうか。

病院でなく介護施設で仕事をする違いはなんでしょうか?

長いスパンで入所されるため、入所様に顔や名前を覚えてもらえたり、長い関わりの中で病院にはない信頼関係(なじみの関係)を作れる職場だと思います。

やりがいは何でしょうか?

関わっている入所者さんが笑顔でいることですかね。
皆さん話しかけると喜んでくれるんですよね~

成長を感じられることはありますか?

私が提案したことを現場のナースがやってみて、「やりやすい」等プラスな方に捕らえてくれたりしたときには、「やるじゃん私」って思えたりします

翔寿苑を一言で表すとどんな職場ですか?

明るい、あったかい職場です!職員はみんなあったかいです。

甲斐さん(介護福祉士)

当施設は多様な働き方実践企業『プラチナプラス認定企業』です。

この制度は仕事と家庭の両立を支援するため、働き方改革に取り組み、テレワークや短時間勤務など様々な項目をクリアした多様な働き方を実践している企業を県が認定する制度です。

認定区分はシルバー、ゴールド、プラチナ、さらにプラチナプラスがあり、当施設は男性の働き方を見直す取り組み(具体的には男性職員の育児休業取得)が評価され、プラチナプラスに認定されました。

今回は実際に育児休業を取得した男性職員にインタビューをして育児休業取得に際しての様々な事を聞きました。

育児休業取得についてまずは、どのように考えて、どのよう経緯で取得をしましたか?

 自分は勤続17年目で、今回が2回目の育児休業の取得になります。

1回目の際は、育児休業の男性取得が可能という事を知らず、苑に貼ってあるポスターでその存在を知りました。

そこから自分でも調べてみましたが、まず『男性は直接的に出産に関わる事が少ない為その存在の認知度が低いという事』、『一般的に権利である。と言っても、社会だとやはり男性は休みを申請しにくい空気があり、職場内での立場や出世に影響が出るかもしれない。と考えてしまう為、二の足を踏んでしまう事が多いという事』がよくあると知り、自分はどうするべきかずいぶん悩みました。

しかし、夜勤や日曜祝日等の勤務などで自宅を空けることが多く、奥さんに常日頃から負担をかけてしまっている事や、職場でも親しい方や同僚などに勧められたこともあり、育児休業の取得に至りました。

今回は2回目の取得となりますが、コロナウィルスの世界的流行もあり、実家や知り合いに・・・と言ったこともなかなか難しい状況と判断しました。また子供の学業の関係もあるので、可能な限り自分達だけ対応しようと話し合って、今回も育児休業の取得を決めました。

実際に育児休業を取ってみてどうでしたか?

 やはり、想像しているより大変であり、世の女性はよくこれを一人で頑張っているんだなぁ。と日々尊敬する思いでした。

自分は元々夜型なので、夜勤などの昼夜入れ替わった仕事も苦にならないのですが、数時間おきに起きてミルクをあげ、オムツを変える。という事を24時間続けなくてはいけない。  

その為、常に眠くて集中力の落ちている状態でした。奥さんの作業を分担しながら行いましたが、やはり仕事で空いたタイミングで家事に関わったりするものとは根本的に違い、それを涼しい顔で日々行っていける奥さんはすごい。自分にはなかなか難しいなぁ。痛感せずにはいられませんでした。

職場での体制について、取得に当たっての動きなどはどうでしたか?

 自分の職場についてこのように文章にするのは手前味噌のようで好きじゃないのですが、全てにおいて大分お世話になったと思っています。

 1回目の際は、男女の違いはあるけれど女性側がされて助かったことや、やってほしかった事等のアドバイスももらいましたし、勝手の分からなかった自分に、情報をまとめてプリントアウトしてくれたりもしました。

実際の業務に関しては、家庭の負担にならないように勤務形態を融通してもらっていますし、奥さんの急な体調不良等に対しても、快く都合を付けてもらっています。

上司の皆さんにも、自分の受け持ちの企画や、利用者さん関係、委員会、係活動が円滑に行えるように、相談に乗ってもらったり、時間を作ってもらったりしています。前回の際も、戻ってきたときにスムーズに業務に戻れるように、サポートや情報の伝達共有を行ってくれました。

同僚は自分が抜けてしまう事で、仕事が大変になってしまうにも関わらず、暫く会えなくなることを寂しがってくれる方がいたり、快く応対してくれています。

引き継がれる業務内容に不安のある方もいたと思いますが、代理で作業をしてもらう為、他職員との連携や、書面や口頭、体験なども交えて、丁寧に引継ぎを行う事で円滑に行えたのではないか。と自分は感じています。

利用者さんにも伝えましたが、しばらく会えない事を悲しんでくれる方や、そんな制度がある事に感心する方や、しっかりと頑張ってくるように激励をしてくれる方等ありがたい言葉をたくさんいただきました。むしろ応援の声が多かったように感じます。

 前回の育児休業を終えて戻ってきた時も、世間一般で言われているような、制度を取得したことで、戻ってきてから居心地が悪くなっていたり、減給されたり、昇給に影響が出た。なんて事はありませんでした。ホワイトな企業である。と自分は自信を持って言えます(笑)

最後に一言お願いします

 自分が育児休暇を取得したことで、他の男性職員が育児休暇を申請しやすくなった事、自分が職場での男性の育児休業取得の第一号となり、プラチナプラス企業認定の手助けになった事等、家庭を助ける事が結果的に会社に貢献できたことについては、光栄である。と考えています。自分が一番活用しているような気もしますが(笑)

周囲の方に助けられてこそ、取得できる制度であると思います。自分がサポートする側になった時も同じように送り出そうという気持ちを忘れず、サポートしてくれる職員にはこれからもよろしくお願いします。と言う気持ちで、日々の業務を行っていきたいと考えています。今回はありがとうございました。

渡辺さん(介護福祉士)

入職して何年目でしょうか?

5年目です。

介護の仕事に就こうと思ったきっかけを教えてください。

求人が多く出ていた為です。

介護の仕事の魅力は何ですか?

人生の先輩達と話せるところです。ためになることたくさん聞けます。

勤務中に心掛けていることはありますか?

心に余裕を持って勤務する事です。

仕事で達成感を感じたり感動したことはありますか?

利用者様や御家族様に感謝の言葉をいただけた時です。

将来の目標や仕事で、やってみたいことはありますか?

利用者様を回転寿司にお連れしたいです。

翔寿苑のここが好き!を教えてください。

利用者様もスタッフも、とても明るく元気なところが好きです!

最後に今後の抱負を!

利用者様に寄り添って頑張ります!!

室田さん(介護福祉士)

入職して何年目でしょうか?

4年目です。

介護の仕事に就こうと思ったきっかけを教えてください。

お年寄りが好きで、少しでも困った方の役に立てればと思い始めました。

介護の仕事の魅力は何ですか?

利用者様から人生経験が聞けたり、自分の人生相談にも乗ってもらえることです。

勤務中に心掛けていることは、ありますか?

利用者様がスタッフに声を掛けやすいよう普段からコミュニケーションを取ることです。

仕事で達成感を感じたり感動したりしたことはありますか?

利用者様が出来ない事が出来るようになった時や嬉しそうに在宅復帰する時です。

将来の目標ややってみたいことはありますか?

ケアマネージャーの資格を取りたいです。

翔寿苑のここが好き!を教えてください。

翔寿苑には託児所があるので小さい子供がいても働けます。

最後に今後の抱負を!

利用者様から頼りにされる職員になれるように頑張ります!

加藤さん(介護士)

入職して何年目でしょうか?

3年目です。

介護の仕事に就こうと思ったきっかけを教えてください。

人の役に立つ仕事をしたいと思ったからです。

介護の仕事の魅力は何ですか?

とてもやりがいを感じるところです。

勤務中に心掛けていることは、ありますか?

笑顔です。

仕事で達成感を感じたり感動したりしたことは、ありますか?

「ありがとう」と言われた時です。

翔寿苑のここが好き!を教えてください。

働くことが好きなスタッフが多いところです。

最後に今後の抱負を!

初心を忘れず頑張っていきます!

岩野さん(看護師)

お仕事の内容を教えてください?

 日々の看護業務を行ないながら看護主任として看護課長の補佐を行なっています。老人介護保健施設での看護師の役割について日々協議しながら、スタッフが安心して業務に入れるよう業務改善に努めています。

看護師を目指したきっかけはなんでしたか?

 人のために役立つ人材として働きたいという思いがあった中で、お年寄りが好きで介護の仕事がしたかったので、翔寿苑開設当時には新卒で介護福祉士として入職しました。出産の時に一度、退職をしましたが、出産後に非常勤として勤務し、仕事と子育ての両立が出来る事を確信し、常勤となりました。また看護師の資格があれば、利用者様へよりよいケアが行えるとの思いから、看護学校に進学しました。看護学生から卒業後は草加松原整形外科医院で働きながら勉学に励み、翔寿苑に戻ってからは看護師として働いています。

長く続けていられる理由はなんでしょうか?

 人間関係は、とてもよい職場だと思います。子育て世代が多く、急な勤務変更も、よくある話ですが皆お互い様精神で快く対応して下さるので助かります。日々のコミュニケーションも本音で言い合えるからこそ、信頼関係が築けていると思っています。スキルアップの点では、各種積極的に参加できる内部・外部研修がありますし、新たな資格取得にチャレンジすることも可能だと思います。シフトについては、状況に合わせて調整することが可能なので働きやすい職場だと思います。

やりがいはなんでしょうか?

 翔寿苑では、多職種の連携が、よくとれています。介護課・看護課だけでは解決が困難な事柄も多職種カンファレンスを通して、前向きな方向へ解決していきます。

 業務については「〇〇してみては?」と意見が出ると、まずは、やってみよう!から始まり、問題点があれば、どうしたらできるか?について、皆で協議を行ない、次に活かしていくことができます。

 利用者様ひとりひとりに対し、相手の立場になって考え、寄り添い、日々のケアや関りを通して本音で話して下さったり、とっておきの笑顔を見れた時、この職種について良かったなぁと心にしみます。

 

翔寿苑を一言で表すと、どんな職場でしょうか?

人間関係が良い。成長しあえる仲間がいる。働きやすい環境が整っています。